TEMIのインターンシップ制度

TEMIのインターンシップ制度


TEMIのインターンシップでは英語教授法をより楽しく、興味深く、チャレンジ精神を鍛えながら学ぶ事が出来ます。EFL(English as a Foreign Language)教育の基本を学ぶための『試運転』的なプログラムなのです。TEMIの事務局で働きながら、英会話学校の運営や、幼児から一般までの英会話クラスの教え方を、身近に体験しながら学ぶ事が出来ます。長年、英会話を教えている親切な教師陣の、豊富な経験と知識を吸収出来る、又とない機会になると確信致します。

インターンシップとは?

TEMIのインターンシップは、大学の一般的な 学期と同じく、5ヶ月間のプログラムです。この5ヶ月間の学習は、私共NPO(Non-Profit Organization)の明確な指針と責務に則って、組み立てられております。インターシップの期間中の勤務時間は週15時間程度で、週2回以上の出 勤となります。

TEMIのインターンシップでは2つの貴重な経験を得る事が出来ます。1つ目は、日本で英会話学校を運営するための基本を身に付ける体験が出来ること。2つ目は、TEMIが長年磨き上げた、実用的で効果的な英語教授法の知識を習得出来ること。TEMIのインターンシップでは英会話学校の運営技術と英語教授法を身に付けつつ、自分自身が英会話教授の道を歩むべきなのか、改めて確認出来る絶好の機会にもなります。

TEMIで得るものは?

経験です。何を始めるにも、経験より貴重なものは無いでしょう。新たな職につくには、学歴や成績も重要ですが、『実際の経験』が有るか無いかで、面接の審査が左右されます。NPOであるTEMIのインターンだった事が履歴書に書いてあれば、TEMIで得た経験だけではなく、あなたが希望する職場に対する真剣な姿勢・努力・人間性も評価されるでしょう。

同じ職場を希望する競争相手に対して、大きな強みを発揮することになります。優れた学歴・成績を持つ競争相手の中で、インターンシップ経験を持つものが推薦される決め手となる事が往々としてあります。

インターンシップの報酬は?

端的に言って、インターンシップでの報酬はありません。その代わり、英語教育や英会話学校運営に関する業界 で、いち早く経験を積む機会を与えます。あらゆる事を学ぶことが出来ます-英語教授法に関しては:合理的なレッスンプランの作り方、レッスンに必要な教材 の選定の仕方、様々なレベルの生徒や事務管理者や同僚や他の英語教師との接し方、自分の実力で仕事を成し遂げる事など。このような英語教授法を早めに習得 することが、どんなに大切な経験だったかを、インターンシップ終了後、長い年月が経過した時に分かるかもしれません。

インターンのコメント


私は社会人としてビジネスで得た経験を子供達に伝えていかなければと思い、教育に興味を持ち始めました。
TEMIはこのような教育経験の浅い私を、快く受け入れて下さいました。
教師を志す者にとって、実践による学びに勝るものはないはずです。
しかし、TEMIのようなインターンの機会を与えてくれる教育機関はあまりありません。
TEMIでは、大学や本で学ぶことができないコミュニケーション重視の英語教授法を実践で学ぶことができました。
それ以上に、教師としての心構えやプレゼンス、研究の大切さ、そして何より教師としての自信を得ることができたのです。

インターンシップを受けるための必要条件

TEMIのインターンになるためには、以下の条件が必要となります。

  1. 十分な英会話能力
  2. 十分なコンピューター操作能力
  3. TEMIでの経験と貢献への十分な熱意

申込み方法

TEMIの理事長内田壮平までご連絡下さい。その際、面接の日程調整をさせて頂きます。

TEL: 092-521-8826

Email: sohei@littleamerica.co.jp