The ABC's of a Good Teacher

ヘリーン・J・内田

  1. 生徒をあるがままに受け入れましょう。
  2. 生徒の潜在能力を信じましょう。
  3. 生徒一人一人の状況に考慮しましょう。
  4. 授業中は生徒に専念しましょう。
  5. あなた自身が自分の先生に求めたように、生徒と共感できるようになりましょう。
  6. 個々のアクティビティー、一人一人の生徒が世界で一番大切なものであるかのように集中して取り組みましょう。
  7. 一生懸命やればクラスで良い結果が残せると生徒に保証してあげましょう。
  8. 全員の手助けをしましょう。あなたが生徒の一番のファンであることをわからせましょう。
  9. あなたと生徒、生徒同士の間の積極的なインターラクションを持つようにしましょう。
  10. たまには冗談も言ってみましょう。
  11. 授業内容に好奇心、興味を持たせるようにしましょう。
  12. 生徒や、あなたの授業に対する彼らの反応から学びましょう。
  13. 最高の生徒になるよう、生徒にモチベーションを与えましょう。
  14. 授業で積極的に学ぶことを体験させて生徒を育てましょう。
  15. 勉強の遅れている生徒、態度の悪い生徒、人気のない生徒に心を開きましょう。
  16. 自分が説くことを実践しましょう。
  17. 時々自問自答をしてみましょう。
  18. できるだけ早く全員の名前を覚えましょう。
  19. 服の着こなし、教え方、行動、人との接し方をとおして、手本となりましょう。
  20. みんなと平等に接しましょう。
  21. 一人一人の子どものことをできる限り理解するようにつとめ、理解されるよりも理解することの方が重要であることを覚えておきましょう。
  22. 生徒が成功している姿を思い浮かべましょう。
  23. 自分が信じることのために精一杯がんばりましょう。
  24. 一人一人の生徒に大きな期待を持ちましょう。
  25. 自分の範疇にない事態に関しては引き下がりましょう。
  26. 極力熱心でいましょう。教鞭をとるというのは気高い職業であり、その中心には熱心さがなければなりません。