TEMIの英語教授法

生き生きとした英語活動

TEMIの英語教授法は、創設者のヘリーン・ジャーモル・内田が2万人以上の日本におけるEFL(English as a Foreign Language)生徒のニーズに対応し、英語学習上の熟練度、長所、短所や学習形態等を観察することによって、その結果として、発展させてきた教授法であります。TEMIの英語教授法のすべての特色は、教師が生徒を尊敬するということを基本に置いております。教師が生徒を尊敬する時、生徒の方もこんどは教師に尊敬の念を返すという反射が起こります。それから、その時だけの現象ですが、何ものにもまさる真の英語学習が起こりうるものなのです。

TEMI教授法は、外国語を話す時に消極的になりがちな日本の生徒の皆様が、英語のやり取りを自信を持ってできるように、夢中になってテンポ良く進めるような方法で言語に取り組んでおります。レッスンはウォームアップを始めとして、自己紹介、ロールプレイ、ペアワーク、フォニックス、TPR(体を使った応対法)、推測ゲーム、読み書き、グループでの英語のやり取り、リスニング,読解、毎月の聞き取りテスト、自由ワークブック、日記記入、独創的な宿題の出し方、黒板の活用法、カリキュラム編成に至るまで、個々の違いと必要性を考慮に入れた上で、生徒の皆様が取り組みやすい課題から構成されています。

TEMIの活き活きとした独創的な教授法は経験の多い少ないにかかわらず、日本人と外国人の両方の先生方から習得され、順調に授業に導入されてきました。この教授法は就学前のお子様から大学生に至るまであらゆる年令の英語を外国語として学ぶ日本の生徒の皆様に英語を教えるためだけに作り出されたものです。大きな公立及び私立の学校の授業と同様に小さな英会話学校のクラスにおいても同じように効果が上げられます。

TEMI創始者:ヘリーン・ジャーモル・内田


英語専攻の学士号および修士号を取得。アメリカ・ギリシア・日本各地の中学・高校において教師経験があり、TEMIの創始者であり、リトル・アメリカの校長でもあります。国内主要都市で開催された英語教育関係の研究会にゲストスピーカーとして講演を行った経歴を持つほか、現在は西南学院大学、福岡女子大学、筑紫女学園大学でも教鞭を執っております。また、ジャパン・ニューズ (The Japan News)の『Primary Advice』のコラムを定期的に執筆、日本で新しい英語の学習方法であるチャレンジ・ブックシリーズやRIC出版から発売された『マイ・ハイスクール・ライティング・ジャーナル』と『マイ・ユニバーシティ・ライティング・ジャーナル』の著者でもあります。日本の英語教育はもっと『体験的』であるべきだと考えております。

ヘリーン・ジャーモル・内田の経歴と功績

  • フロリダ、タンパ大学にて英語学士号取得
  • ニューヨーク、C.W.ポスト大学院修士号取得
  • ホフストラ大学、ストーニー・ブルック大学、英語課程卒業
  • コートランドステート大学、国防教育法連邦政府奨学金で言語学修得
  • 東京においてタイムライフ社の英語講師
  • 東京において日米青年交流についてライオンズクラブゲストスピーカーとして講演
  • 桑原前福岡市長の委託を受けて福岡市のいきいきレポーター
  • 福岡においてRKB放送局のテレビモニター
  • 福岡においてニューホープのゲストスピーカーとして英語教育について講演
  • 福岡においてロータリークラブの国際化についてのパネリスト
  • 福岡においてライオンズクラブゲストスピーカーとして国際結婚について講演
  • 福岡県のゲストスピーカーとしていじめについて講演
  • 九州沖縄サミットシンポジウム・ゲストプレゼンターとして小学校における英語教育について講演
  • 福岡県の小学校英語シンポジウム・ゲストプレゼンターとして講演
  • 福岡の小学校における3年間の英語パイロットプログラムのディレクターを務める
  • LATEM教師トレーニング協会創設者
  • NPO TEMI 英語教授法研究会創始者
  • アメリカン・センターにて子供たちのための英語教材についてのゲストスピーカーとして講演
  • サンシャイン・クラブ ボランティア団体創設者

新聞・雑誌・書籍特集

  • 2つの異なる文化をもつ家族
  • NHKイングリッシュマガジン
  • LOOP マガジン
  • FUKUOKA マガジン
  • 毎日デイリーニュース英字新聞
  • ジャパンタイムス
  • 朝日イブニングニュース
  • Japan for Kids
  • 東京ジャーナル
  • オックスフォード大学出版ニュースレター
  • ELTニュース インタビュー
  • ジャパン・ニューズ (The Japan News)
  • 西日本新聞
  • 読売新聞

TEMI理事長:内田 壮平

2008年より、福岡県議として12年間の務めを終え、正式に理事長として内田壮平が特定非営利活動法人英語教授法研究会(TEMI)に加わりました。これはTEMIにとって素晴らしいことです。なぜなら内田壮平は行政から見た英語教育というものや教育予算のことに見識があり、福岡県の文教委員会の委員長も務めたことがあるからです。それに加え、海外に住んだこともあり、日本人にとってどれだけ英語が大事か、身をもって経験しています。

また日本人のTEMI会員の方にとりましては、内田壮平が日本語でのメインプレゼンターになりますので、朗報かと存じます。もちろん英語でのトレーニング・プレゼンテーションは引き続き、へリーン・ジャーモル・内田が行います。これから会員の皆様はプレゼンテーションを受ける際日本語と英語の選択肢があることになります。

内田壮平の経歴と功績

  • 福岡県立修猶館高校学校
  • 国士館大学政治経済学部卒業
  • 早稲田大学社会科学部卒業
  • ギリシアのアテネにて1年間柔道を指導する(英語とギリシア語)
  • デンマークのコペンハーゲン、アメリカのロングアイランドで、ゲスト教師として柔道を指導する(英語)
  • 大和塾(柔道・合気道)塾長兼教師、柔道7段、合気道初段
  • 株式会社 リトル・アメリカ(英会話・英語教材・翻訳・通訳)代表取締役兼教師
  • 福岡県議会議員を12年間務める。その間、文教委員長、国際空港委員長をそれぞれ2年間務める
  • 特定非営利活動法人英語教授法研究会(TEMI)理事長
  • サンシャイン・クラブ ボランティア団体理事長